• 議長

[生徒目線!]進学理系コース

こんにちは!私は白菊会、議長を務めていますK.L.です。今回は普通科理系クラスを紹介します!

理系は生物選択と化学選択でクラスが分かれています。私のいるクラスは生物選択で、理系生物選択20名、文系20名の合同のクラスです。英語や副教科以外の授業は文系が別のクラスに移動するので理系授業は20人という少人数で行います。

〜授業の科目について〜

 理系を選んだ生徒は共通して、数学、国語総合、コミュニケーション英語、英語表現、政治・経済、物理、保健体育、家庭科、総合探求を受講し、生物と化学は選択です。

 数学は高校2年の1月に、数学I・Aのみか、それとも1Aに加えて2・Bまで習うかを選択し、高3から実際に選択した科目を受けるのことになります。

〜進路について〜

 生物選択は看護を目指す生徒が多めという印象を受けます。理系の大学でも、国語を受験で使う生徒も少なくありません。

〜いいところ〜

理系科目の時は人数が少ないので、気軽に思ったことを発言したり、質問をしたりできます。先生も生徒の進み具合をより把握して授業を進めてくれるので、置いていかれることが少ないです!

〜まとめ〜

私は直前まで文理どちらの選択にするか、だいぶ悩みました。結局この選択に後悔はしていませんが、進路を早いうちから考えておくのは後々受験科目が足りないから塾や家で勉強しないといけない、となってしまうのを防ぎ、受験勉強を最短ルートで出来るようにしてくれます。

なので、大学受験はまだまだ先だと思わず、興味のある大学を調べてみるといいと思います!

299回の閲覧

最新記事

すべて表示

[生徒目線!]選抜理系コース

皆さんこんにちは。今回は選抜理系コースについて紹介していきたいと思います。 今年度白菊会役員の中に選抜理系(以下選理)所属がいないため、実際に選理に入っている生徒にインタビューしたものを掲載していきたいと思います。 普通科 | 国府台女子学院 (konodai-gs.ac.jp) ↑本校HPにも各コースについての紹介がありますのでそちらも併せてごらんください 【授業科目について】 理系コースという

[生徒目線!]進学文系コース②

皆さん、こんにちは。副会計長のH.R.です。今回の白菊会日記は”進学文系コース紹介②”ということで ①進学文系コースに入った理由 ②進学文系コースに入って良かったこと ③進学文系コースと私立文系コースの違うところ ④後悔してるところ という内容について、日々このコースで生活している私の目線から話したいと思います! 長々とした文章となってしまいますが、最後まで見ていただけると幸いです。 【① 進学文